Agri Manager Field Management

Agri Managerの役割

農作物の安定生産に必須の栽培計画立案から作業をデータベース化する栽培管理機能を始め、収穫管理や生産した作物の入出庫を把握する在庫管理機能、6次産業化をサポートする製造、ロット等の管理が可能です。また、日々の活動経費の管理や、顧客別売上分析などを行う経営管理機能を実装しています。レポートやダッシュボード等の分析機能も充実し、情報共有機能がコラボレーションを支援します。マルチデバイス対応のため、スマホやタブレットを利用したデータ入力や過去データの参照が可能です。

IoT時代の農業経営

Agri Managerと外部データをAPIで連携することで、気象や地理情報など外部のビッグデータの活用や、AIを利用したデータ解析を可能にします。さらに、圃場に設置したセンサーとの連携で定期的にデータを取得するなどの農業ICTソリューションが実現します。

スマート農業への取組み

ドローンを使用した農薬散布が行われるなど、IoT環境の活用は競争力強化に必須となっています。Agri Managerがスマート農業の実現を支援します。

AI活用とデータ連携

農業ビッグデータの活用は生産性向上につながります。信頼性の高い強固な基盤に立つAgri Managerなら、安心安全に外部基盤データとの連携が可能です。

農業の収益力向上

Agri Managerを利用しデータを一元管理することで、営農情報をデータベース化し、オペレーションの効率化を支援します。従来スプレッドシートや手書きメモで行っていたデータ管理プロセスをAgri Managerに置き換えることで、業務時間の短縮化を図り、きめ細かい顧客対応を始め作物の中長期生産計画や商品の企画、認証取得に向けた準備等にその時間を振り向けていただけます。

農業の将来の担い手づくり

栽培・製造・販売だけでなく、人材育成計画を立てそれを実行しモニタリングする、人事管理機能を備えています。高齢化が進む状況の下、農業経営に関する有形・無形の様々な資産を可視化し次の世代に継承すると同時に、後継者育成を行うためにAgri Managerが役立ちます。

カスタマイズを考慮したマスタ

栽培、製造、販売、会計、管理等のマスタ類がデータベース化を快適にします。